OSJの目指すもの

Original Strawberry Japan

0968-32-8511

〒861-0426 熊本県山鹿市菊鹿町木野 3887

営業時間 / 9:00〜18:00

OSJの目指すもの

OSJの目指すもの

Original Strawberry Japanの目指すもの

「薬局に並べられる苺」

はじめまして。

熊本の有限会社緑商(ろくしょう)の田代 孝と申します。

現在、独自の自然農法で苺・レモン・米の栽培しております。

青年時代にモンキーセンターで出会った“ダイゴロウ”が、

私の農業者としての在りかたを大きく変えました。

なぜ苺をつくろうと思ったのか、どんな苺をつくろうと思ったのか、

それをお話しするうえで、欠かせない出来事です。

観光旅行で訪れたモンキーセンターには、

当然ですがたくさんのサルが飼育されていました。

その中でふと目に留まった赤ちゃんサルが、ダイゴロウでした。

ダイゴロウは奇形のサルでした。

母親サルはダイゴロウを身籠っていた頃、

海外から輸入された成長促進剤や農薬により大量生産された

飼料(エサ)を毎日食べていたといいます。

飼育員さんに聞けば、国産から輸入した外国産に飼料を変えた頃から

奇形の赤ちゃんサルがみられるようになったと言うのです。

20代でまだまだ未熟ではあったものの、農業に関わる端くれとして強い衝撃と危機感を覚えました。

自分のまだ見ぬ子や孫、そしてこれからの日本はどうなるのだろう?

今の世界農業でいいのか?

悩みぬいた結果たどり着いたのは

「食べた人の生命や身体が一瞬で好転する機能性を持った一次農産物を生産すること」

つまり、機能性農産物という未だかつてない領域、

単にマイナスのない一次農産物ではなく、食べた人にどれだけプラスの一次農産物であるか。

想いを込めて作っても、皆様に食べていただけなければ意味がない...

ならば「苺」であれば、老若男女問わず皆様に食べていただけるのではないか!

機能性を持った苺つくりの始まりです。

あまり知られていませんが農薬使用量1位は苺だと言われており、

言い換えれば苺の栽培がそれほど難しいということでしょう。

単に無農薬・無化学肥料の栽培ではなく、

機能性を付加させる栽培は、本当に手探り状態で全く収穫が出来ない年も多々ありました。

このままこの栽培方法を続けても、まともに苺が収穫できる日がくるのか、

保証も実証結果もない不安な日々に押しつぶされそうになる時もありました。

その度に、ダイゴロウに教えてもらった食の大切さと農業の重大性、

そして、これからの日本や子どもの未来を想えば、また畑に足を運ぶことができました。

様々な方のご縁に助けていただきながら、

30年以上試行錯誤を繰り返し、やっと皆様に喜んでいただけるような苺になりました。

コンセプトである「薬局に並べられる苺」

それは、自然本来の力と植物の潜在能力が詰まった漢方のような存在です。

有機やオーガニックといった言葉が浸透しつつありますが、

それを超越したOriginalな存在であり続けたいと思います。

30年が早かったのか遅かったのかは分かりませんが、

ここまで続けることができ、辿り着くことができました。

感謝の気持ちしかありません。

有難うございます。

これからは、世界の土を耕し、人々の心も耕せるよう

精進し、恩返しできたらと思っております。

img_verbs01

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒861-0426 熊本県山鹿市菊鹿町木野 3887
営業時間 9:00~18:00
不定休

0968-32-8511

img_cb

いちごの加工食品も扱う熊本のオリジナルいちごブランド。

熊本のいちごブランド「Original Strawberry Japan」が提供しているのは、残留農薬のない安心・安全ないちごです。
近くの川にホタルが飛んでいるような熊本山鹿市のまっさらな土壌で、苗の段階から収穫に至るまで農薬・化学肥料を一切使わずに育てています。
コンセプトは「薬局に並べられるいちご」です。
いちごには、もともとビタミンC、ポリフェノール、が多く含まれており、抗酸化作用もある健康に良いフルーツで、美肌効果やエイジングケアや風邪の予防、ストレスの緩和にも役立つ健康食品ですが、Original Strawberry Japanブランドのいちごなら安心、安全です。
いちごを使ったアイスクリームや酵素ドリンク、キャンディーなどの加工食品も扱っています。

TOP